40代に企業が求める能力と転職活動の進め方

3.40代に企業が求める能力について

 企業が40代の中途採用者を見るポイントは、人間性と意欲、実務能力の高さが基本です。人間性の部分では、企業風土に合う人材がどうか、既存のスタッフと協調性を持って仕事ができるかどうか、周囲を上手に巻き込んで、会社に利益につながる提案や実践ができるかどうかを、見極めようとします。自分の強みと、企業が求める業務と役割を認識し、そのうえで接点を見つけておけるかどうかが、肝になることでしょう。

 意欲に関しては、応募企業の要望にフレキシブルに対応する覚悟があるか否かで判断されます。40代の中途採用者は、企業の業績や組織運営の変化に伴い、求められる役割が大きく変わります。会社規模にもよりますが、経営的視点に立って、部下の指導・育成・教育・管理を行うだけでなく、業績アップのための事業計画立案などを担うことを求められるケースもあります。どういう要望にも応える覚悟と、そのために必要なスキルを磨く姿勢が不可欠といえます。

 実務能力の高さは、あって当然なことです。ここで言う実務能力とは、自分個人のものだけでなく、これまで培ったノウハウを部下や後輩に伝達し、相乗的に成果を出していくことを指します。常にマネジメントを考慮した行動が求められることを、忘れないようにしましょう。

4.転職サイトはどう活用すべきか

 40代の転職活動は、在職中にスタートするのがベストです。40代は家族を持っているひとがほとんどですから、生活費を確保する必要がありますし、転職活動をするにもお金がかかります。また、退職してから転職活動を始めると、履歴書や職務経歴書にどうしてもブランクができてしまいます。資格取得のためにスクールに通うなど、何か目的があれば別ですが、基本的には転職先が見つかってから退職する方が有利です。

 40代は忙しい年代ですから、効率よく仕事探しをするためにも、転職サイトはフル活用しましょう。自分のこれまでの経歴や希望の条件を登録しておけば、マッチする求人情報やあなた個人に興味を持った企業からのオファーが届きます。たくさんの求人を検索して仕事探しをするより、ずっと効率よく応募企業を見つけられます。

 また転職サイトごとに特色があるものですから、複数に登録しておくことで、応募できる求人の取りこぼしが少なくなるというメリットもあります。転職サイトに登録することで、自分の市場価値をはかることもできますので、耳に痛い結果でも冷静に受け止めれば、課題を見つけて、改善できるチャンスを得られます。自分の価値をアップさせるためにも、転職サイトの豊富なコンテンツは、徹底的に活用しましょう。

転職は計画的に進めよう!

 転職市場が活況ないま、40代でも応募できる求人は格段に増えています。ですが、40代になると、20代や30代のときとは違って、応募すればすぐに内定するということは少なくなります。条件の良い求人には応募が殺到しますので、書類選考を通過できないことも多くなります。転職までの目標期間を設定し、一つでも多くの応募をするなど、計画的に活動を進めなければ、思う結果を得られないという現実があります。

 転職サイトや人材紹介会社の選び方や、応募企業ごとに履歴書や職務経歴書、自己PR文をこまめに見直すなど、あなたの転職活動への取り組み姿勢が、仕事探しに大きな影響を与えます。自分のこれまでのキャリアを客観的に分析し、企業のニーズにどこが合致するかを考え、採用したいと思える強みを明確にしましょう。そして、不採用通知が届いたら、応募書類や面接応対をきちんと振り返り、次に活かす作業を徹底してください。
 
 40代の仕事探しには、高い専門スキルと人間性を併せ持つことが絶対条件です。自分の価値観にこだわりすぎず、視野を広く持って、転職活動を進めてみてください。