40代の退社手続き

引き継ぎも大事な退社の手続き

 退社の手続きと聞くと、事務処理を思い浮かべるひとが多いでしょうが、円満退職をするために一番パワーをかけなければならないのは、きちんと引き継ぎをすることです。40代で、さらに管理職を担う社員を失うことは、残されるひとたちに、少なくない負担をかけることにつながります。

 自分が退社することで、勤務先に与える影響を最小限にするためにも、きちんと引き継ぎできる期間を設けて、後任者が困らないようにするのが礼儀です。

 退職の意向を早めに直属の上司に伝え、会社と話し合って退職日を早々に決めて、マニュアル作成などできる引き継ぎ準備をスタートさせましょう。

事務手続きも確実に済ませる

 退社日の事務手続きは、「雇用保険被保険者証」と「年金手帳」を受け取り、「離職票」と「源泉徴収票」の送り先と届く時期を確認し、会社から貸与されたもの、会社の経費で買ったもの、会社の取引上得た情報や成果物を、確実に返却することだけです。

 会社から融資を受けている場合は退職日に一括返済が必要ですし、社宅に住んでいる場合は引っ越しの手配も必要です。退社日までに確実に終われるように、人事部に確認のうえで、しっかり準備を進めましょう。



【関連記事】
転職先への入社の手続き
入社の挨拶を大事にする
退職する前にまとめて有給をとっても構いませんか?
ある程度の社会人経験を持つ40代の転職者が、入社後に注意する点とは
試用期間の意味合いから良し悪しまでを一気にチェック