40代の転職は5ステップで決まる

 40代は決して若いとは言えませんが、しかし高齢者でもありません。良い具合に熟し、転職するタイミングとしては良好と考えられます。しかし、あなたよりも若い人や、逆にキャリアを積み重ねてきた人と競合した場合、その中で勝利を得るのは簡単なことではないでしょう。勝利の鍵は何か、それを考えてみたいと思います。

計画を立てる

 勝利の鍵のひとつめ、それは転職の準備です。これは、鍵そのものと言ってもいいほど大切なもの。これがなければ転職成功という扉は開かず、ドアの前に立ち尽くすしかなくなってしまうでしょう。計画を立てる、揺るがない気持ちを持つ、周囲の理解を得るなどが、具体的に準備しておきたいこととなります。


【参考記事】
40代は転職計画をどう立てる?
転職活動前に自己分析を徹底する
40代の転職のタイミング
転職活動を始めるタイミングに悩んでいる人が知っておきたいこと

求人を集める

 鍵を持っていても、それがドアの鍵穴に入らなければ意味がありません。鍵穴に合った鍵を探す作業が、まさに求人を探す作業なのです。自分自身と照らし合わせ、どの求人であれば自分の能力が活かせるのか、満足できるのか、逆に企業を満足させられるのかを考えた上で、求人を集めるようにしてください。


【参考記事】
求人情報媒体を使いこなす
業界動向は重要か
転職サイトの求人票を見るポイント

応募書類を書く

 鍵を入れてそれを正しい方向に回す作業、転職活動においては、これが履歴書や職務経歴書を作成する作業に該当します。企業が求める人材とばっちり合ってはじめて、その企業へ足を踏み入れることが許されるのです。間違ったアピールの仕方をし、鍵を回す方向や力加減を間違わないようにしましょう。


【参考記事】
40代の履歴書の書き方
40代の職務経歴書の書き方
応募書類はどう送るべきか

面接に行く

 扉が開いたとしても、即入社が許されるわけではありません。最後の砦である、番人(人事担当者)が待っています。名を名乗り目的を告げ、入社を許してもらう作業が面接。相手に安心感と信頼感を与えることができれば、番人の理解を得ることができ、入社を許されることになります。


【参考記事】
40代の面接は自己紹介が鍵
40代の志望動機でアピールすべきこと
40代の面接対策

退職と入社準備をする

 転職活動の成功を左右する鍵があるのであれば、退職にも成功の鍵が存在しています。転職活動と同じように、ひとつずつこなしていかなければ、スムーズに扉を開け、そこから出て行くことはできません。無理矢理突破して出て行くことのないよう、一から十まで、丁寧な作業によって出て行くようにしてください。


【参考記事】
40代の退社手続き
転職先への入社の手続き
入社の挨拶を大事にする
40代が会社から引きとめられたら
退職する前にまとめて有給をとっても構いませんか?
ある程度の社会人経験を持つ40代の転職者が、入社後に注意する点とは
試用期間の意味合いから良し悪しまでを一気にチェック