40代の転職のタイミング

転職によいタイミングはあるのか

 転職市場の動向を見ていると、一年を通して、求人が多くなる時期があることに気づくはずです。これは、年度末や賞与支給後に退職者が増えることで、補充のための求人が増えるからです。

 このタイミングは、確かに求人数は多くなりますが、同時に求職者が多くなる時期でもあるので、転職活動に適した時期とは断言できません。

 転職市場や業界の動向は参考程度にし、自分にとってベストな転職のタイミングをはかりましょう。

自分の市場価値に合わせてタイミングをはかる

 40代の転職の場合、市場価値によって、面接まで進める確率が大きく変わります。

 仕事で大きな実績を上げたり、業務に関連する資格を取得したり、職場での職階があがるなど、何か自分に付加価値がついてからの方が、転職市場での価値がアップします。

 こうしたタイミングを待って、転職活動を始めるのも、一つの方法です。やみくもに転職活動を行っても、希望の転職は果たせませんので、自分の希望を叶えるためにどんな準備をすべきなのかをリサーチして、タイミングをはかりましょう。

 また、在職中のひとは、退職のタイミングも考慮して、転職活動をスタートする時期を決めてみるのもよいかもしれません。



【関連記事】
40代は転職計画をどう立てる?
転職活動前に自己分析を徹底する
転職活動を始めるタイミングに悩んでいる人が知っておきたいこと