40代の職務経歴書の書き方

職務歴歴書はフォーマット選びも重要

 40代ともなると、職歴や実績も豊富なので、A4版2~3枚という制限の中で、すべてを書ききることはできません。

 だからこそ、募集職種に対応する職歴を中心に、個人としてのスキルだけでなく、組織運営に欠かせないマネジメント経験まで、企業のニーズに合わせた内容をチョイスして、しっかりアピールすることが大切です。そこで大事になるのが、職務経歴書のフォーマット選びです。

 キャリアの習熟度を伝える「編年方式」、習熟度とともに直近の仕事に着目させる「逆編年方式」、プロジェクトや仕事内容別に職歴をまとめる「キャリア方式」のうち、自分にふさわしいフォーマットはどれかを、きちんと調べてから、書き始めましょう。

書類選考を通過する職務経歴書の共通点

 書類選考を通過した職務経歴書を並べてみると、いくつか共通点が見えてきます。それは、書類として体裁が整っていること、勤務先の概要や従業員数、仕事内容、そこであげた実績などについて具体的に書いてあることが基本です。

 また、職務経歴書は過去の仕事の経験と、いま何ができるのか、入社後に貢献できるポイントなどが明確になるように、意識して書き進めるようにしましょう。



【関連記事】
40代の履歴書の書き方
応募書類はどう送るべきか