40代の志望動機でアピールすべきこと

自分のキャリアとスキルをアピールする

 40代の中途採用者は、募集職種で即戦力として成果をあげることが求められます。そして、求められるのは個人での実績だけでなく、管理職として実績をあげられる組織をつくることを、求められることが多いのが現実です。

 そうした企業が求める、さまざまなニーズに対して、自分が培ったキャリアやスキル、ノウハウがどれほどマッチするかを、志望動機の中に盛り込むことで、面接官の聞く耳を開くことができるはずです。

 また、単に専門スキルを伝えるだけでなく、営業なら数字、管理部門なら業務改善、クリエイティブや技術職なら作品などで、具体的事例を示しながらキャリアとスキルのレベルを伝えることが必要です。

志望動機も長くならないように気を付ける

 志望動機で、自分のキャリアやスキルを活かして、どのように応募企業に貢献していきたいかも、一緒にアピールする必要があります。具体的なエピソードを加えつつも、志望動機は短めに話してください。

 面接では一つでも多くの質問を引き出し、コミュニケーションをはかり、双方の理解を深めることが、内定に近づくチャンスを増やすことにもなります。何でも短めに、端的に話すことを意識してください。



【関連記事】
40代の面接は自己紹介が鍵
40代の面接対策