転職活動前に自己分析を徹底する

自己分析をしたうえでキャリアビジョンを再構築

 40代の転職の場合、入社後に失敗したと感じたとしても、そう簡単にやり直せるわけではありません。だからこそ、自分が後悔しない転職は何かを把握するために、徹底的に自己分析をすることが肝心です。

 自己分析とは、転職活動に役立つアピールポイントを探すためのものではなく、自分が生きていくうえで大事にしている価値観を知るためのプロセスです。

 自分が働くことをどう位置付けているのかによって、キャリアビジョンの再構築が必要になるかもしれません。まずは客観的に自己分析を行い、自分を知ることから始めましょう。

自己分析はキャリアの棚卸しとともに

 40代が自己分析を行うときには、キャリアの棚卸しと一緒に行うことをおすすめします。それは、自分個人であげた実績だけでなく、プロジェクトリーダーあるいは管理職として携わった仕事の中に、自分の価値観にマッチする経験や業務、ポジションが何かを、客観的に見つけやすいからです。

 また、キャリアの棚卸しシートに職歴を列記し、その満足度を書き込むことで、自分のやりたい仕事がより明確になるというメリットもあります。

 転職サイトなどからダウンロードし、自己分析の一助にしましょう。



【関連記事】
40代は転職計画をどう立てる?
40代の転職のタイミング
転職活動を始めるタイミングに悩んでいる人が知っておきたいこと