転職活動を始めるタイミングに悩んでいる人が知っておきたいこと

仕事を辞めるなら短期間で決めないと危険

 仕事を辞めるということは、言うまでもありませんが、無職になるということです。無職の状態にメリットはほとんどありません。転職希望者にとってはリスクしかないでしょう。

 収入もない、仕事をする意欲も削がれる可能性が出てくる、仕事の腕が鈍る、気持ち的にも余裕が持てなくなるなど、デメリットとリスクばかりの無職状態。そんな状態を少しでも短くしなければ社会人にとっては大きなダメージとなり、キャリアにも傷をつけることになるでしょう。

 つまり、もし仕事を辞めてから転職活動を行うのであれば、短期間で次の職場を決めてしまわないと、そのリスクが日に日に大きくなってしまうのです。

短期間で決められる保証はありません

 短期間で決着をつけなければならない、退職後に転職活動を行う人々。しかし、短期間で決着をつけられる保証はどこにもありません。

 キャリアがしっかりと積み重なっている人でもそれは同じ。しかもあなたは40代。転職市場での価値が徐々に落ちてくる年代でもあります。

 考えてもみてください。世の中にはとてつもない数の転職希望者がいるんです。その人たち全てよりも、あなたは自身のキャリアや実績、能力が必ず上回っていると言えるでしょうか。

 もし胸を張ってそう言えるのであれば短期間で転職先を決められるでしょうが、そうでなければ、どの応募先にも必ず自分よりも優れた人が応募してくると考えるべきであり、それが短期間での決着の邪魔をする存在となるであろうことも認識しておかなければなりません。退職後の転職活動のリスクに、そろそろ気付く必要があるでしょう。

転職活動が長期に及んでも安心

 在職中に転職活動を行う、このタイミングを選択することの素晴らしい点は、例え転職活動が長期に及んでしまったとしても安心できるところにあります。

 もちろん多少の焦りは出てくるかもしれませんが、最初に説明したリスクの数々は抑えられますし、無理に短期間で決着をつけなくてもいいので、間違った選択を早まってしてしまうリスクもかなり軽減されるはずです。

 転職活動を始めるタイミングに悩んでいるのであれば、在職中を選択するしかありません。ここを間違わなければ、転職活動の計画や方向性を大きく崩す恐れもほとんどなくなるでしょう。



【関連記事】
40代は転職計画をどう立てる?
転職活動前に自己分析を徹底する
40代の転職のタイミング