転職先への入社の手続き

入社を承諾したときに手続きを確認

 労働契約内容の確認が終わり、入社を承諾し、入社日が確定した時点で、用意すべき入社書類について、人事部に確認しておくことをおすすめします。

 どの企業でも入社手続きで必要な書類には、「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」「扶養控除等申告書」「給与振込先の届書」があります。また、家族がいる場合は「健康保険被用者異動届」も必要です。

 これ以外の提出書類は、企業によって異なるので、入社する会社に確かめておきましょう。

入社日にすべての書類を提出する

 企業によって、提出を求められることがある書類には、「従業員調書」「健康診断書」「入社誓約書」「身元保証書」などがあげられます。中には第三者の署名・捺印が必要な書類もありますから、入社日までに用意できるように、しっかり依頼しておくようにしましょう。

 また、仕事によっては、免許や資格などの証明書の提出が義務付けられることがあります。さらに、企業によっては「住民票記載事項証明書」の提出を求めるところもあるようです。

 入社に必要な手続きは、きちんとリスト化しておき、入社日前日までにすべての用意が終われるように、準備を進めましょう。



【関連記事】
40代の退社手続き
入社の挨拶を大事にする
40代が会社から引きとめられたら
退職する前にまとめて有給をとっても構いませんか?
ある程度の社会人経験を持つ40代の転職者が、入社後に注意する点とは
試用期間の意味合いから良し悪しまでを一気にチェック