試用期間の意味合いから良し悪しまでを一気にチェック

試用期間の持っている意味合い

 この世の中の全てのものに意味があるとは限りませんが、多くの企業で制度として採用している“試用期間”、これにはそれなりの意味があるはずです。

 試用期間の持っている意味合いとしては、企業側が労働者側をチェックする、見極める、評価するという役割を持っていると言えます。採用段階ではわからなかったこと、あるいは、新しい会社に移ってきて早々に問題を起こさないかどうかなどを確認する意味が、この試用期間にはあるのです。

 一部の企業は、教育をする、会社に馴染んでもらうためといった意味合いを持たせているところもあるようです。

良い試用期間・悪い試用期間

 試用期間には良いものと悪いものがあり、できるだけ入社する前にそれを確認し、見極めておかなければなりません。悪い試用期間ではないと思われる条件をピックアップしてみましょう。

・労働者に対して、事前に試用期間に関する情報が開示されている
・試用期間を労働者に対して無断で延長したりなどしない
・最低賃金を下回る額で働かせない
・社会保険への加入や有給休暇など、労働基準法で決められているルールを守っている
・解雇する時には正当な理由があり、即時解雇の場合、入社から14日が経過していれば、事前通告か30日分の賃金相当額の支払いがある

 以上が揃っていれば、悪い試用期間とは言えないでしょう。良い試用期間かどうかはまた別の要素も絡んではきますが、大事なことは、上記のひとつでも欠けていてはいけないということ。それだけの確認を入社前にしておく必要も、転職希望者にはあると思っておかなければならないのです。

権利は主張しなければなりません

 社会保険への加入や解雇云々の話を出しましたが、もしそうしたことに関連して法に抵触するような行為をやっている企業に入社してしまったら、あなたが得られるはずの権利については必ず主張しなければなりません。

 権利を放棄すればあなたが損をするだけ。試用期間中に限ってのことであっても、労働基準法に触れることはやってはいけないと決まっているわけですから、泣き寝入りすることなく権利を主張し、もし辞めるにしても、当然受けるはずだったモノを受け取ってから辞めるようにしましょう。



【関連記事】
40代の退社手続き
転職先への入社の手続き
入社の挨拶を大事にする
退職する前にまとめて有給をとっても構いませんか?
ある程度の社会人経験を持つ40代の転職者が、入社後に注意する点とは