求人情報源を知る

その1:ハローワークのメリット・デメリット

 ハローワークは厚生労働省管轄の公的な職業斡旋所です。日本最大級の職業斡旋所であり、失業手当の支給も行っているので利用されている方も多いですよね。求人を採用した企業は、無料で掲載でき、場合によっては公的補助を受けられたりするので資金力の弱い中小企業からの求人が多くなります。

 デメリットとしては、求人に対する審査が緩いこともあり、掲載内容と実際のものとがかけ離れていたり、実際には求人活動をしていないにも関わらず広告を掲載するカラ求人が出回っていることなど問題点も多々あります。

 とは言え、中には優良企業からの求人もあるので自分で求人の良し悪しを判断しながら利用すると良いでしょう。

その2:転職サイトってなに?

 転職サイトはWeb上で求人情報を探せるサイトです。知名度が高い転職サイトといえば『リクナビNEXT』で、転職希望者の大多数が利用していると言われています。ほかにも大小さまざまな転職サイトがあり、求人数や求人企業などはそれぞれで違ってきますが、求職者のほとんどが無料で利用できます。

 転職サイトを使って仕事探しをする場合、企業面接以外はすべてネット上で行えるので、現職と転職活動を両立することができます。忙しいビジネスパーソンも無理なく利用できるのが魅力です。

 大手転職サイトであれば求人情報以外にも、仕事探しに役立つQ&Aや履歴書の書き方など読み物が充実しているので一度は目を通しておくべきでしょう。利用者数が多いため、注目求人には応募者が殺到するのが唯一のデメリットです。

その3:人材エージェントってなに?

 人材エージェントとは、求人企業と求職希望者とを仲介することが仕事の民間企業です。こちらも求職者は無料で入会できるところがほとんどです。

 転職サイトと違って、求人を紹介するためにエージェントの担当者がつきます。基本的に担当者との面談が必要になりますが、求職者一人ひとりに合わせて求人を紹介できるので、企業戦略によって公にできないような重要ポストの求人が紹介されることも。

 職歴やスキルがない人には求人が紹介されないというデメリットもありますが、これまでの職歴を活かす仕事をみつけたい40代の方にはお勧めです。