求人情報媒体を使いこなす

40代が活用可能な求人情報媒体

 求人情報媒体と聞いて、あなたは何を思い浮かべましたか?転職サイト、転職エージェント、ハローワーク、求人情報誌、新聞の求人欄、合同企業説明会など、いろいろなものが頭に浮かんだはずです。

 こうした転職のプロの手を借りるのは、効率良く転職活動を進めるうえでは、とても重要なことです。

 積極的に活用し、自分の希望条件に合った求人を、一つでも多く見つけましょう。

 こうした求人情報媒体には、それぞれ集まる求人の傾向があり、重複することは少ないので、常に二つ以上を併用することをおすすめします。

人脈を使うという転職活動

 そしてもう一つ、40代だからこそ、使いたい求人情報媒体があります。それは、これまで築いてきた人的ネットワークを活用して、求職活動をすることです。

 学生時代の友人や大学の恩師、これまで仕事を通して信頼関係を深めてきたひとたちに、自分が仕事を探していることを伝え、採用を考えている企業がある際には、紹介してもらえるようにしておくのです。

 求人は出していなくても、採用を考えている企業もあるので、紹介者がいることで、好条件を引き出せる可能性もあります。自分の人脈を使った転職活動も、積極的に行いましょう。



【関連記事】
業界動向は重要か
転職サイトの求人票を見るポイント