求人媒体を活用しよう!

なぜ情報媒体を利用する必要があるのか?

 フリーペーパー、ネット、ハローワーク…これらを利用する理由は「少しでも多くのチャンスを手に入れ、仕事探しを成功させる為」です。今や就職難の時代、転職者にとっても厳しい現実がそこにはあります。転職や就職を勝ち取る為には、1にも2にも「情報収集力の多さ」が明暗を分けるのです。より情報が多い方が、自分とマッチした求人も探しやすく、そしてチャンスも多くなってきます。

 ですので、一つの情報媒体に区切らず、幾つもの情報媒体を活用し、仕事探しを行う事が就職や転職を成功させる為の秘訣であると言えるでしょう。

情報収集も「段取り」が大切です!

 行動を起こす前にまず、段取りを組む事で全てをスムーズに進める事が出来るように、仕事探しの為の情報収集においても段取りは必要不可欠です。

●まずは希望の求人を探す所から!
 ここで言える事は、一つの情報媒体だけではなく色々な手段を使って仕事探しを行うという事です。優良求人はそう多くは掲載されている訳ではありません。求人情報誌にはなかった求人が、ネットの求人サイトにはあり、また求人サイトには無い求人がハローワークで見つける事が出来た、という実例もあります。

 より多くの求人情報を得る事で、あなたの希望に近い求人を見つける事が可能となってきますので、まずは一つでも多く求人情報を手に入れる事から始めましょう。

●見つけた求人情報を厳選しよう
 沢山の求人情報を集めてきましたら、次はそこから「これだ!」と思う求人を厳選し、ピックアップしていきます。「全ての求人に応募してはいけないの?」というお声もありますが、ここまで来るのに結構な時間がかかったと思います。

 また、その次のステージである「書類審査」「面接審査」にも多くの時間が費やされる事が予測される為、一つでも多くのチャンスを手に入れる為にはここで求人情報を厳選し、ふるい落としておく必要があるのです。

 確かに全ての会社を自分の目で見て決める、という事も必要な事かもしれませんが、自分に合わないと感じた場合はお断りしなければなりません。その結果、あなたにとっても企業にとっても、書類選考や面接に当てた時間がムダになってしまうのです。スムーズに仕事探しを行う為にも、こういったムダを省く事が成功への秘訣なのです。

●求人情報を厳選するとは、具体的には?
 気になる求人を幾つか仕入れましたら、その企業の情報をご自身で検索して頂きます。求人表には掲載されていない企業姿勢や取組、または方向性などを主に調べると良いでしょう。ホームページを設立している企業も多いので、こちらは調べやすいかと思います。

 なぜこのように企業情報を調べるかと言いますと、優良求人を厳選する為には「自分の希望や方向性にマッチしている項目がより多いかどうか」が基準となってきます。例えば、待遇は良くても自分のやりたい事が出来ない企業であれば、転職や就職を成功させたとしても本末転倒になりかねません。本当に、自分自身が納得して就職や転職を成功させる為には、ここの段階で企業との相性をしっかり見極めなくてはならないのです。