中高年の転職に有利な職種はありませんか?

中高年の転職に有利な職種はありませんか?

中高年の転職に関しては以前よりも市場が広がったとはいえ、自分自身の職種やスキルによって、有利なのか不利なのかご質問者のように不安に感じることは多々あるかと思います。

では、今の転職市場において、業界において有利不利があるのでしょうか。具体的にご紹介していきたいと思います。
まずは第一次産業です。これからも慢性的に人材不足が叫ばれる業界です。農林水産ともに厳しい状況です。
中高年であろうとも新たに人生を切ろうという思いがあれば、業種を超えた転職もかなうと考えられます。

しかし、年収ベースにおいては大規模な展開を行う法人化された企業でない限りダウンすることも覚悟せねばなりません。
しかし、人生の後半を年収だけではなく、やりがいを求めて転職を求めるのであれば、市場は広がっていく可能性が高いです。

次に第二次産業です。

こちらは非常に幅が広いもののスキルさえあれば年収アップも狙える市場です。
第一次産業と同じく、特に製造現場、そして建設現場、電気などとにかく現場のノウハウを持つ人材が少なくなりつつあり、技術やノウハウの継承をすることさえ、厳しい状況なので中高年と言わず、高齢になってからも必要とあれば、求人も豊富にあります。

こちらも前述の第一次産業のように自分自身を年収ではない部分で奮い立たせるような思いをもって転職市場に臨むことができるでしょう。
そして、第三次産業です。もちろん、今の日本では年代を問わず、この産業が年収べースとしても最も高く、一般的な仕事になりますが、それこそ高いスキルやノウハウがないと簡単には転職ができるわけがありません。

そして、今後は第六次産業など働き方も様々になっています。
中高年の転職市場も多様化が進んでいますのでまずは自分自身の経歴や仕事のスキル、マネジメント能力などをしっかり見直すことによって、新たな美知恵尾切り開いていくことができるのではないでしょうか。

まずは、自己分析からスタートです。